お知らせ

News
  1. 英皇娱乐官网_英皇娱乐游戏¥中国竞彩网推荐立大学ホーム
  2. お知らせ
  3. 特別講座「持続可能な社会と農業」を開催します!

特別講座「持続可能な社会と農業」を開催します!

持続可能な社会は、「農業」なしには実現しません。
人間が生きていくためには食べなければなりません。
そのためには、誰かが農業をしていなければなりません。

しかし、日本の農業者数はこの10年でほぼ半減しています。

そんな中でも、希望を持って農業に従事し、持続可能な社会を目指している女性農業者がたくさんいます。
今回、そのような女性農業者の方々をゲストに迎えた連続特別講義を開催します。

将来、農業をしたい人、農業に興味のある人だけでなく、「農家ってどんな想いでどんな暮らしをしているの?」「持続可能な社会はどうやってカタチにするの?」といった興味を持っている人、大歓迎です。

この機会に受講してみませんか。

チラシ(PDF)はコチラからダウンロードしてください。

◇開催日時 : 

11 月25 日(金)12:50 ~ 14:20
? ? ? ? 講師: 塚田美恵さん(コメ、八代市)
     寺澤希さん(発酵)
?12 月02 日(金)16:10 ~ 17:40
? ? ? ? 講師: 森本和さん(トマト、菊池市)
     大澤愛子さん(柑橘、水俣市)
【予定変更】長澤静香氏 地域おこし協力隊(南阿蘇村)
      ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
12 月09 日(金)16:10 ~ 17:40
? ? ? ??講師:橋本佳奈さん(大豆、南阿蘇村)
     ? 後藤みどりさん(酪農、菊池市)? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ? ?
?12 月16 日(金)14:30 ~ 16:00
? ? ? ? 講師: 杉本夏奈江さん(柑橘、熊本市)
     大津愛梨さん(コメ、南阿蘇村)

◇受     講    料   : 無料

◇対     象    者    : 高校生以上

              : 各回25名

◇講  師  紹   介 :

⑴ 2022年11 月25 日(金)
?塚田 美恵 氏 塚田農園(八代市) 
59歳で他界されたお父様が取り組まれていた環境共生型の田んぼを守り、自然栽培のお米作りを始めて6年目。食育や給食の有機化などにも積極的に取り組まれています。
https://www.tabechoku.com/producers/25252

?寺澤 希 氏 HANDMADE発酵主宰
元アスリートで、現在は熊本を拠点に料理教室やフードアドバイザーとして活動する発酵のスペシャリスト(発酵食エキスパート1級、DNA栄養インストラクター)。特に若者の食育や体づくりの支援に取り組まれています。
https://www.pref.kumamoto.jp/site/kini-kuma/122072.html

⑵ 2022年12月2日(金)
?森本 和 氏 株式会社LaTo(菊池市)
夫婦でデザイナーだった経験を生かし、広告業(デザイン)?農業(一次産業)?加工(六次産業)?販売(マルシェ)までトータルで事業展開をされています。
| 株式会社LaTo | 熊本のデザイン会社

【予定変更】

?長澤静香氏 地域おこし協力隊(南阿蘇村)
西合志出身で、高校卒業後15年間東京に住んだ後、Uターン。南阿蘇の景観の素晴らしさに心震え、ここで農業をしたい!と決意。現在、地域おこし協力隊をしながら有機栽培苺農家への道を目指してます。夢は『南阿蘇×有機栽培苺×バイオマス』

⑶ 2022年12月9日(金)?????
?橋本 佳奈 氏 (南阿蘇村)
新卒で入社した大手保険会社を辞め、自分で栽培した無農薬の大豆でお味噌をつくり、「半農半X」のライフスタイルを南阿蘇で実践していらっしゃいます。
コロナ下で広がる地方移住 「豊かな生活」考える転機に [英皇娱乐官网_英皇娱乐游戏¥中国竞彩网推荐]:朝日新聞デジタル (asahi.com)

?後藤みどり 氏 (合志市)
大学卒業後、主に酪農を営む農業法人に就職。現在は、『人牛共活』(人と牛が共に活きる経営)をモットーに夫と共に酪農を営んでいらっしゃいます。就職当時からライフワークとしている「酪農体験」も継続中です。

⑷ 2022年12月16日(金)
?杉本 夏奈江 氏 杉果園(熊本市)????   
埼玉のサラリーマンの娘として育ち、熊本の農家に嫁いで22年。杉果園(すぎかえん)という農園で夫と共に温州みかんや芳野ゆず、梨などを栽培し、加工品づくりにも取り組んでいる3児の母です。
https://www.instagram.com/sugikaen/

?大津 愛梨 氏 O2Farm(南阿蘇村)???????
南阿蘇村で化学肥料を使わずに無農薬栽培または微農薬栽培の稲作に取り組んで20年目。2017年には、日本人2人目として国連食糧農業機関(FAO)の「模範農業者賞」を受賞されました。全国の女性農家がつくる「NPO法人田舎のヒロインズ」の代表も務める4児の母です。
http://www.o2farm.net/

◇場? ?    ? ?所? ? : 11月25日?12月16日 小ホール(下図⑨)
           12月 2日?12月? 9日? ?グローカル棟111教室(下図?)

参加条件
?特別講座参加中は必ずマスクをご着用ください。
?当日、発熱等の風邪症状がある方、体調不良の方は参加をご遠慮ください。(当日受付時に検温を行います。)

申込はこちら →→→ 応募フォーム            

お問い合わせ先